相続手続きの流れ

 被相続人(亡くなった方)が亡くなってから、相続財産(遺産)の名義変更までの簡単な手続きの流れです。もっと細かい作業が必要になりますが、一覧性を重視して主要な手続きに絞りました。

10ヶ月以内 4 ヶ月以     内  3 ヶ月以    内  相続の開始(被相続人の死亡)   
通夜・葬儀  葬儀費用等の領収書を保存します 
死亡届の提出  死亡診断書を添付して7日以内に市町村に提出します 
初七日法要・四十九日法要   
遺言書の有無の確認  自筆遺言証書は家庭裁判所で検認を受けます 
相続人の確認  戸籍謄本を取得して確認します 
相続の放棄または限定承認の申述  家庭裁判所に申述します 
 所得税・消費税の準確定申告  被相続人のその年の1月1日から亡くなった日までの所得税・消費税について税務署に申告し、納付します 
 相続財産及び債務の確定 相続財産と債務を調査し、確定します 
 相続財産の評価 相続税を計算するために相続財産を評価します 
 遺産分割協議 相続人全員で相続財産の分け方を協議します 
 遺産分割協議書の作成 遺産分割協議の内容を文書にし、相続人全員が実印を押印します 
 相続税の申告書の作成 遺産分割協議の内容に基づき、相続税を計算します 
 相続税の申告と納付 被相続人の住所地の所轄税務署長に相続人の連名で提出した上、相続税を納付します 
 相続財産の名義変更手続き 不動産については名義変更登記をし、預金は解約か名義変更をします(期限はありません)