生きているうちにしかできない相続対策

相続について考えるときに、自分が亡くなった後の心配の種は次の2つに集約されると思います。

 

残された家族が遺産分割でもめないか? 

 

残された家族が相続税の支払いに困るようなことはないか?

 

この2つの心配事は、ご自身が亡くなった後ではどうすることもできません。生きているうちに対策を練り、実行しなければならないのです。そして@とAのどちらが欠けても、その対策は不十分と言えるでしょう。

 

@については、遺言という方法により自身の意思を表明することで対策が可能になりますが(遺留分や遺言の形式には注意が必要ですが)、損得計算と将来の予測が必要になるのがAの問題です。

 

Aの対策として「アパートを建てなさい」とか「生命保険に入りなさい」という営業を耳にしたことがある方もいるかもしれませんが、それは果たして正しいのでしょうか?その提案とともに下記のような多面的な分析をしてくれたでしょうか?

 

あなたの現在の財産状態を分析した上で相続税の試算をする

納税に困らない程度のキャッシュを確保する

あらゆる相続税対策のなかでの比較検討がなされている

副次的に発生する税金が考慮されている

 

当社ではある側面からだけでなく、上記のように多面的に相続税対策を考え、ご提案させていただいております。お客様とのコミュニケーションにより意思を確認しながら、ひとつずつ心配の種を取り除くお手伝いをさせていただきたいと考えております。

 

生前贈与を活用した相続対策とは

不動産を活用した相続対策とは

生命保険を活用した相続対策とは

相続税試算と生前相続対策サービス